• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

遠藤実の解説 - 小学館 大辞泉

[1932~2008]作曲家。東京の生まれ。演歌師をしながら独学で作曲を学ぶ。創作活動のほか、レコード会社の創業など音楽文化の振興と普及活動に取り組んだ。日本音楽著作権協会会長。没後、国民栄誉賞受賞。代表作「高校三年生」「せんせい」「北国の春」など。

遠藤実の解説 - SOCKETS人物データベース

戦後歌謡界を代表する日本の作曲家であると同時に、「徳間ジャパン・グループ」の前進である「ミノルフォン」の創業者。舟木一夫、千昌夫など多くの歌手を育てた。2008年12月6日他界。
出生地
東京府東京市向島区(現・東京都墨田区向島)
生年月日
1932年7月6日 かに座
没年月日
2008年12月6日(享年76歳)

[美術・音楽/音楽家]カテゴリの言葉