邵康節の解説 - 小学館 大辞泉

[1011~1077]中国、北宋の学者。共城(河南省)の人。名は雍 (よう) 。字 (あざな) は尭夫 (ぎょうふ) 。神秘的宇宙観・自然哲学を説き、朱熹 (しゅき) らに影響を与えた。著「観物内外篇」「皇極経世」など。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉

[宗教・思想/思想・哲学の人物]カテゴリの言葉