• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

重兼芳子の解説 - 小学館 大辞泉

[1927~1993]小説家。北海道の生まれ。「やまあいの煙」で芥川賞受賞。病気と闘いながら、生と死、老い、病をテーマに多くの著作を残す。他に「夫と妻の老い支度」「さよならを言うまえに」など。

重兼芳子の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
北海道空知郡上砂川町
生年月日
1927年3月7日 うお座
没年月日
1993年8月22日(享年66歳)