• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

重松清の解説 - 小学館 大辞泉

[1963~ ]小説家。岡山の生まれ。フリーライターを経て作家となる。現代社会における家族のあり方を新鮮な視点で描き、人気を集める。「ビタミンF」で直木賞受賞。他に「ナイフ」「エイジ」「定年ゴジラ」など。

重松清の解説 - SOCKETS人物データベース

岡山県出身の小説家・作家。『とんび』『ビタミンF』など数々の作品が映画化・テレビドラマ化されている。『ビタミンF』は2000年に第124回直木賞を受賞。そのほかの代表作に『十字架』『エイジ』『ナイフ』など。
出生地
岡山県久米郡久米町(現・津山市)
生年月日
1963年3月6日(57歳) うお座