• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

野村望東尼の解説 - 小学館 大辞泉

[1806~1867]江戸末期の歌人。名はもと。号、招月・向陵。福岡藩士野村貞貫の後妻。夫の死後、剃髪 (ていはつ) して望東尼と称した。和歌を大隈言道に師事。勤王の志厚く、高杉晋作らと親交があったため、姫島に流された。歌集「向陵集」、著「上京日記」など。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉