• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

野沢凡兆の解説 - 小学館 大辞泉

[?~1714]江戸中期の俳人。金沢の人。姓は宮城・宮部などの諸説がある。名は允昌か。京都で医師を業とした。芭蕉晩年の門人で、「猿蓑」編者の一人。

野沢凡兆の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
加賀国金沢(現・石川県)
生年月日
1640年
没年月日
1714年(享年74歳)

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉