• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

金春禅竹の解説 - 小学館 大辞泉

[1405~1470ころ]室町中期の能役者・能作者。名は七郎氏信。禅竹は法名。大和猿楽金春座中興の名手。世阿弥の女婿。作品に「芭蕉」「定家」、理論書に「六輪一露之記」など。