• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

鎌倉景政の解説 - 小学館 大辞泉

平安後期の武将。相模 (さがみ) の人。通称、権五郎。生没年未詳。16歳で後三年の役に従い、目に矢を受けながらも奮戦。味方の武士が顔に足をかけて引き抜こうとしたのを怒り、陳謝させたという逸話が有名。