• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

長三洲の解説 - 小学館 大辞泉

[1833~1895]幕末・明治の漢学者・書家。豊後 (ぶんご) の人。名は炗 (ひかる) 。字 (あざな) は世章。奇兵隊に参加。維新後は文部大丞・文部省学務局長・東宮侍書などを歴任。漢詩・南画にもすぐれた。著「三洲遺稿」など。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉