• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

関寛斎の解説 - 小学館 大辞泉

[1830~1913]幕末・明治期の蘭方医。上総 (かずさ) の人。佐倉順天堂の蘭方医佐藤泰然に入門、長崎でポンペに学ぶ。のち、徳島藩医となり、戊辰戦争では官軍の奥羽出張病院頭取を勤め、晩年は北海道開拓に尽力。