• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

阿仏尼の解説 - 小学館 大辞泉

[?~1283]鎌倉中期の女流歌人。平度繁 (たいらののりしげ) の養女。出家して阿仏尼、また北林禅尼とも。安嘉門院に仕え、安嘉門院四条ともいった。のち、藤原為家 (ふじわらのためいえ) の後妻となり、為相 (ためすけ) ・為守を産む。著「十六夜日記」「夜の鶴」「うたたねの記」など。