• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

阿保親王の解説 - 小学館 大辞泉

[792~842]平城天皇の皇子。在原業平 (ありわらのなりひら) の父。薬子 (くすこ) の変に連座して大宰権帥 (だざいのごんのそち) に左遷。のち許されて帰京、その子らに在原の姓を賜った。