陶淵明の解説 - 小学館 大辞泉

[365~427]中国、六朝時代の東晋の詩人。江西の人。名は潜。淵明は字 (あざな) 。一説に名は淵明、字は元亮 (げんりょう) 。官職に就いたが、束縛を嫌い、彭沢 (ほうたく) 県の県令を最後に「帰去来辞 (ききょらいのじ) 」を作って官を辞し、故郷へ戻った。自然を愛する田園生活を送り、すぐれた詩を残した。詩では「飲酒」、文では「桃花源記」が有名。五柳先生。