• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

青山忠俊の解説 - 小学館 大辞泉

[1578~1643]江戸初期の老中。武蔵岩槻城主。徳川秀忠に近侍し、のち家光の補導役となったが、諫言が勘気にふれて改易された。