• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

面山瑞方の解説 - 小学館 大辞泉

[1683~1769]江戸中期の曹洞宗の僧。肥後の人。卍山道白 (まんざんどうはく) ・損翁宗益らに師事。曹洞宗の中興と称される。著「正法眼蔵渉典録」など。