• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

頼山陽の解説 - 小学館 大辞泉

[1781~1832]江戸後期の儒学者・歴史家・漢詩人。大坂の生まれ。春水の長男。名は襄 (のぼる) 。字 (あざな) は子成。18歳のとき江戸に出て経学国史を学び、のち京都に上って私塾を開き、梁川星巌大塩平八郎らと交わった。著「日本外史」「日本政記」「山陽詩鈔」など。