• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

頼春水の解説 - 小学館 大辞泉

[1746~1816]江戸後期の儒学者。安芸 (あき) の人。山陽の父。杏坪の兄。通称、弥太郎。大坂で儒学を学び、のち広島藩儒官となった。著「芸備孝義伝」など。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉