• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

頼杏坪の解説 - 小学館 大辞泉

[1756~1834]江戸後期の儒学者。安芸 (あき) の人。春水の弟。名は惟柔 (ただなご) 。字 (あざな) は千祺 (せんき) 。別号、春草。漢詩・和歌をよくし、また、広島藩の儒官として教育・治政にも功績があった。著「春草堂集」「芸藩通志」など。