• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

頼豪の解説 - 小学館 大辞泉

[1004~1084]平安中期の天台宗の僧。伊賀守藤原有家の子。近江園城寺 (おんじょうじ) の僧で白河天皇の皇子降誕を祈祷し、親王誕生の恩賞として園城寺戒壇の造立を願ったが、延暦寺の反対で許されず断食して怨死。死後、化け鼠となって延暦寺の経巻を食い破ったという伝説の主となる。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉

[日本史/平安時代までの人物]カテゴリの言葉