• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

飯田忠彦の解説 - 小学館 大辞泉

[1800~1860]江戸末期の歴史家・勤皇家。周防 (すおう) の人。安政の大獄で謹慎処分。その後、桜田門外の変で取り調べを受け自刃。著「大日本野史」など。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉