• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

高井鴻山の解説 - 小学館 大辞泉

[1806~1883]幕末・明治初期の陽明学者。信濃の人。本名、市村健。京都で梁川星巌 (やながわせいがん) に、江戸で佐藤一斎に師事。攘夷 (じょうい) 論公武合体論を唱えた。明治維新後、東京・長野に高矣義塾 (たかいぎじゅく) を開いた。