• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

高安月郊の解説 - 小学館 大辞泉

[1869~1944]詩人・劇作家・評論家。大阪の生まれ。本名、三郎。詩作のかたわら、イプセンの作品などを翻訳・紹介。また、新歌舞伎を発表。詩集「夜濤集」、戯曲「江戸城明渡」「桜時雨」、評論「東西文学比較評論」など。

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉

[演劇・映画/演劇人・映画人]カテゴリの言葉