• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

高島嘉右衛門の解説 - 小学館 大辞泉

[1832~1914]実業家・易断家。常陸の人。号、呑象 (どんしょう) 。横浜で材木商・建築請負業などを営む。東京・横浜間の鉄道・国道工事に尽力。易学を研究し、「高島易断書」を著した。

[社会/政治・経済の人物]カテゴリの言葉