高村光太郎の解説 - 小学館 大辞泉

[1883~1956]詩人・彫刻家。東京の生まれ。光雲の子。欧米に留学。ロダンに傾倒。帰国後、「パンの会」に加わり、「スバル」に詩を発表。近代美術の紹介に努めた。また、岸田劉生らとフュウザン会を結成。詩集「道程」「智恵子抄」「典型」、翻訳「ロダンの言葉」、彫刻に「」など。
吉本隆明によるの評論。昭和32年(1957)刊行。

高村光太郎の解説 - SOCKETS人物データベース

『智恵子抄』が教科書にも掲載された詩人。本職は彫刻家・画家と言える。
生年月日
1883年3月13日 うお座
没年月日
1956年4月2日(享年73歳)