高松宮の解説 - 小学館 大辞泉

皇族の一家。江戸初期、後陽成天皇の皇子好仁 (よしひと) 親王に始まる。その後有栖川 (ありすがわ) 宮と改称、威仁 (たけひと) 親王のとき継嗣が絶え、大正2年(1913)大正天皇の第3皇子宣仁 (のぶひと) 親王が高松宮の称号を賜り、有栖川宮家の祭祀を継承。

出典:青空文庫