高楠順次郎の解説 - 小学館 大辞泉

[1866~1945]仏教学者。広島の生まれ。旧姓、沢井。号、雪頂。東京外語校長・東大教授・東洋大学長。英国でマックス=ミュラーに師事し、インド学・梵語 (ぼんご) 学を学ぶ。昭和19年(1944)文化勲章受章。「大正新修大蔵経」「南伝大蔵経」など編著が多い。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉