高橋健三の解説 - 小学館 大辞泉

[1855~1898]官吏・ジャーナリスト。江戸の生まれ。明治22年(1889)より官報局長。また同年、岡倉天心らと月刊美術雑誌「国華」を創刊。明治26年(1893)には大阪朝日新聞に入社、明治29年(1896)、内閣書記官長に就任。

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉

[社会/政治・経済の人物]カテゴリの言葉