• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

高橋景保の解説 - 小学館 大辞泉

[1785~1829]江戸後期の天文学者。大坂の人。至時 (よしとき) の子。字 (あざな) は子昌。号、観巣。書物奉行兼天文方筆頭として語学・地理学を修め、伊能忠敬 (いのうただたか) の測量事業を監督、「大日本沿海輿地全図」を完成。のち、シーボルト事件の主犯として捕らえられ獄死。