高野長英の解説 - 小学館 大辞泉

[1804~1850]江戸末期の蘭学者。陸奥 (むつ) 国水沢の人。名は譲 (ゆずる) 、のち長英。号、瑞皐 (ずいこう) 。長崎でシーボルト鳴滝塾に学び、江戸で開業。渡辺崋山らと尚歯会を組織、開港論を唱えて投獄されたが脱走。沢三伯と称して江戸に潜入、医療・訳述に専念したが、幕吏に襲われて自殺。著「夢物語」ほか、蘭書の翻訳も多い。