• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

高須芳次郎の解説 - 小学館 大辞泉

[1880~1948]評論家。大阪の生まれ。号、梅渓。明治文学史および水戸学の研究に業績を残した。著「東洋思想十六講」「日本現代文学十二講」など。

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉

[文学/戦後の作家・文学者]カテゴリの言葉