• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

魏忠賢の解説 - 小学館 大辞泉

[1568~1627]中国、明 (みん) 末の宦官 (かんがん) 。16代皇帝天啓帝 (てんけいてい) の下で権勢をふるい、東林党を弾圧して全盛期を誇るが、17代皇帝の崇禎帝 (すうていてい) が即位すると弾劾を受け失脚、自殺した。