• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

魯般の解説 - 小学館 大辞泉

中国、春秋時代の工匠。公輸般 (こうしゅはん) ともいい、機械の製作にすぐれ、雲梯 (うんてい) (城攻めに用いるはしご)を考案したという。後世、工匠の祭神とされた。生没年未詳。