• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

鳥居元忠の解説 - 小学館 大辞泉

[1539~1600]安土桃山時代の武将。徳川家康に仕え、姉川・三方ヶ原・長篠などの戦いで戦功をあげた。関ヶ原の戦いに際して伏見城を守り、石田方に包囲されて自刃。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代の人物]カテゴリの言葉