• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

鳥居強右衛門の解説 - 小学館 大辞泉

[?~1575]戦国時代の武士。三河の人。名は勝商 (かつあき) 。三河長篠城主奥平信昌の家臣。武田勝頼に囲まれた長篠城から脱出して徳川家康に援軍を頼み、使命を果たしたが、帰途捕らえられ、援軍の来ることを大声で城内に告げたため磔刑 (たっけい) に処された。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代の人物]カテゴリの言葉