• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

鳥居耀蔵の解説 - 小学館 大辞泉

[1796~1873]江戸後期の幕臣。林述斎の子。名は忠耀 (ただてる) 。旗本鳥居家の養子。目付になり蛮社の獄で洋学者を弾圧。町奉行として天保の改革を推進。のち、失脚。