• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

鶴峰戊申の解説 - 小学館 大辞泉

[1788~1859]江戸後期の国学者。豊後 (ぶんご) の人。通称、和左治。蘭文法に則り、最初の国文典である「語学新書」を著した。のち、水戸藩に出仕。