• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

鹿子木孟郎の解説 - 小学館 大辞泉

[1874~1941]洋画家。岡山の生まれ。号、不倒。小山正太郎に学び、渡仏してローランスに師事。帰国後、関西美術院などで指導し関西洋画壇に重きをなす。作に「ローランス画伯の肖像」「新夫人」など。

[日本史/明治時代以降の人物]カテゴリの言葉

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉