• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

鹿持雅澄の解説 - 小学館 大辞泉

[1791~1858]江戸後期の国学者・歌人。土佐の人。号は、古義軒、山斎。土佐に住み、ほとんど独学で万葉集を中心に上代国語の研究を進めた。著「万葉集古義」「山斎集」など。