• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

黄遵憲の解説 - 小学館 大辞泉

[1848~1905]中国、清 (しん) 末の詩人・外交官。広東省嘉応州の人。字 (あざな) は公度。初代駐日公使の書記として来日しており、日本の政治家・文人と交わり、日本研究を行った。また、詩文に優れ、文字改革や新詩運動を推進した。変法自強 (へんぽうじきょう) 運動に参加したが、戊戌 (ぼじゅつ) の政変で失脚。著「日本国志」「日本雑事詩」「人境廬詩草 (じんきょうろしそう) 」など。ホワン=ツンシエン。

[文学/外国の作家・文学者]カテゴリの言葉