• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

黒岩重吾の解説 - 小学館 大辞泉

[1924~2003]小説家。大阪の生まれ。社会派の推理小説の第一人者として活躍し、後年は日本古代史を題材とした歴史小説の新分野を切り開いた。「背徳のメス」で直木賞受賞。他に「休日の断崖」「天の川の太陽」「落日の王子」など。

黒岩重吾の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
大阪府大阪市
生年月日
1924年2月25日 うお座
没年月日
2003年3月7日(享年79歳)