• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

黒川春村の解説 - 小学館 大辞泉

[1799~1867]江戸後期の国学者。江戸の人。通称次郎左衛門。号、薄斎。初め狂歌を学び、のち国学に入り、考証に長じた。著「墨水雑鈔 (ぼくすいざっしょう) 」「音韻考証」など。