黒田孝高の解説 - 小学館 大辞泉

[1546~1604]安土桃山時代の武将。播磨 (はりま) の人。初姓、小寺。通称官兵衛。法号、如水。織田信長に仕え、信長死後、羽柴秀吉の統一事業の参謀として活躍。秀吉の死後、関ヶ原の戦いでは徳川方についた。キリシタン大名で、受洗名はドン=シメオン。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代の人物]カテゴリの言葉