黒田清輝の解説 - 小学館 大辞泉

[1866~1924]洋画家。鹿児島の生まれ。本名、清輝 (きよてる) 。清綱養嗣子。渡仏してラファエル=コランに師事。帰国後、外光派の画風を日本に導き入れ、久米桂一郎とともに天真道場を開き、のち白馬会を設立。また、東京美術学校西洋画科で指導に当たり、洋画界発展に寄与した。貴族院議員としても活躍。