黒田長政の解説 - 小学館 大辞泉

[1568~1623]安土桃山から江戸初期の武将。孝高 (よしたか) の子。豊臣秀吉に従い、九州平定、文禄の役慶長の役に活躍。秀吉死後、関ヶ原の戦いでは徳川方につき、大功を立てて筑前52万石を拝領。

黒田長政の解説 - SOCKETS人物データベース

その他
生年月日
1568年12月3日 いて座
没年月日
1623年8月4日(享年54歳)
別表記
松寿丸 小寺長政