国語辞書 - 大辞泉

凡例

漢字項目

  1. 1.音読みの熟語を多くつくる漢字を特に選び出し、本文とは別に「漢字項目」として解説した。 その漢字に複数の字音がある場合は、一つの字音の項目でまとめて解説した。
  2. 2.字体は常用漢字表および人名漢字表に則り、それ以外は正字とされるものを用いた。
  3. 3.人名漢字として認められているものは[人名用漢字]と表示した。
  4. 4.音訓は、常用漢字音訓表にあるものは特にボールド体で示した。
  5. 5.字音には、呉音(呉)、漢音(漢)、唐音[唐宋音](唐)、慣用音(慣)の別を示した。
  6. 6.解説にあたっては、音訓が複数あるときはまずその別を示し、そのあとに漢字の意味と熟語の例を掲げるようにした。 熟語の配列は、その漢字が上に付く語と下に付く語とに分け、それぞれを五十音順に並べた。
  7. 7.解説の末尾には、人名に用いられる音訓を[名のり]として集めた。 また、熟語として読みにくいものを[難読]としてまとめた。