• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

アイ‐ティー【IT】

  1. information technology》情報技術。コンピューター・インターネット・携帯電話などを使う、情報処理や通信に関する技術を総合的に指していう語。国際的には、ほぼ同じ意味でICT(情報通信技術)が広く使われる。→アイ‐シー‐ティー(ICT)
  1. アイティーインフラエンジニア【ITインフラエンジニア】
  1. アイティーかくさ【IT格差】
  1. アイティーガバナンス【ITガバナンス】
    • IT governance》企業のコンピューターシステムの導入・運用・管理に際し、経営的観点から全社的・組織的に適正に取り組むこと。また、その仕組み。
  1. アイティーきほんほう【IT基本法】
  1. アイティーコーディネーター【ITコーディネーター】
    • IT coordinator》経営とITの両分野の知識を有し、コンサルティングやシステム構築を行う専門家。経済産業省推進資格として、ITコーディネータ協会による資格認定が行われる。ITC。
  1. アイティーコンシューマライゼーション【ITコンシューマライゼーション】
  1. アイティーコンソリデーション【ITコンソリデーション】
  1. アイティーサービスマネージャしけん【ITサービスマネージャ試験】
    • 情報処理に関する国家試験の一。独立行政法人情報処理推進機構情報処理技術者試験センターが実施。同センターの試験におけるスキルレベル4に相当し、ITを利用したサービスの品質管理、危機管理、コスト管理に関する高度な能力を認定する。SM(Information Technology Service Manager Examination)。
  1. アイティーストラテジストしけん【ITストラテジスト試験】
    • 情報処理に関する国家試験の一。独立行政法人情報処理推進機構情報処理技術者試験センターが実施。同センターの試験におけるスキルレベル4に相当し、企業の経営戦略に基づく情報技術の活用の推進、または組み込みシステムの開発を統括する能力を備えていることを認定する。ST(Information Technology Strategist Examination)。
  1. アイティーせんりゃくほんぶ【IT戦略本部】
  1. アイティーソリューション【ITソリューション】
  1. アイティーちょうじゃ【IT長者】
    • 最新の情報技術(IT)を応用した企業を興して成功し、莫大な利益を手に入れた人。
  1. アイティーとうせい【IT統制】
    • IT controlITによるコーポレートガバナンス。企業内で、組織ぐるみの不祥事などを防ぐためにITの内部統制を利用すること。IT部門の業務を統制することも含む。
  1. アイティーパスポートしけん【ITパスポート試験】
    • 情報処理に関する国家試験の一。独立行政法人情報処理推進機構情報処理技術者試験センターが実施。同センターの試験におけるスキルレベル1に相当し、社会人にとって必要な情報技術についての知識を備えていることを認定する。IP(Information Technology Passport Examination)。
  1. アイティーベンダー【ITベンダー】
    • IT vendor》IT分野のベンダー。コンピューターシステムやネットワークシステムなどの提案・開発・コンサルティングを行う企業の総称。
  1. アイティーモダナイゼーション【ITモダナイゼーション】
    • IT modernization》長年運用したコンピューターシステムを、過去の資産を生かしながら最新の機器や利用環境に置き換えること。外部の最新機器から利用可能にするミドルウエアの導入、プログラミング言語の変換、仮想化技術により新たなコンピューターシステム上で従来のソフトウエアやデータを利用する手法などがある。システムモダナイゼーション。モダナイゼーション。→リインターフェースリホスト