• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

しょざい‐ち【所在地】 の意味

  1. 人や物が存在する土地。「県庁―」
  • しょざい‐ち【所在地】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ 辺幅を修めない、質素な人の、住居が芝の高輪にあるので、毎日病院へ通うのに、この院線を使って、お茶の水で下車して、あれから大学の所在地まで徒歩するのが習であったが、五日も七日もこう降り続くと、どこの道もまるで泥海のようであるから、勤人が・・・

      泉鏡花「売色鴨南蛮」

    • ・・・人々は勢い込んで乳牛の所在地へ集った。

      伊藤左千夫「水害雑録」

    • ・・・ 誰にも知られぬ、このような侘びしいおしゃれは、年一年と工夫に富み、村の小学校を卒業して馬車にゆられ汽車に乗り十里はなれた県庁所在地の小都会へ、中学校の入学試験を受けるために出掛けたときの、そのときの少年の服装は、あわれに珍妙なものであ・・・

      太宰治「おしゃれ童子」