• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

しん‐こう【新興】 の意味

  1. 既存のものに対して、別の勢力が新しくおこること。また、新しくおこすこと。「―勢力」

しん‐こう【新興】の慣用句

  1. しんこうかいきゅう【新興階級】
    • 社会情勢の変化によって新たに勢力をもつようになった階級。
  1. しんこうかんせんしょう【新興感染症】
  1. しんこうきぎょう【新興企業】
    • 新しく設立された企業。設立から間もなく、規模や経営基盤などが小さい企業。特に、ベンチャー企業をさす。
  1. しんこうけいざいこく【新興経済国】
    • 経済が発展途上の段階にあり、急速な成長が見込まれる国。新興国。エマージングカントリー。
  1. しんこうげいじゅつは【新興芸術派】
  1. しんこうこうぎょうけいざいちいき【新興工業経済地域】
  1. しんこうこく【新興国】
    • 新たに興った国。
    • 投資や貿易が盛んになり、急速に経済成長を続けている国。新興経済国。
    • スポーツや技術力など、これまであまり目立った成果を上げていなかった分野で、急速に成長している国。
  1. しんこうこくしじょう【新興国市場】
    • 投資や貿易によって急激な経済成長を続ける新興国の市場。中南米・東アジア・BRICSなどの国や地域の、金融市場・労働市場など。エマージングマーケット。
    • 特に、新興国の株式市場のこと。
  1. しんこうざいばつ【新興財閥】
  1. しんこうしじょう【新興市場】
    • 新興企業向けの株式市場。上場基準は比較的緩やかで、現時点での経営基盤が弱くても、今後の成長が見込める企業であれば上場することができる。
  1. しんこうしゅうきょう【新興宗教】
  1. しんこうはいく【新興俳句】
  • しん‐こう【新興】の例文

    出典:青空文庫

    • 私は新興階級者になることが絶対にできないから、ならしてもらおうとも思わない。

      有島武郎「宣言一つ」

    • ・・・ここまでいうと「有島氏が階級争闘を是認し、新興階級を尊重し、みずから『無縁の衆生』と称し、あるいは『新興階級者に……ならしてもらおうとも思わない』といったりする……女性的な厭味」と堺氏の言った言葉を僕自身としては返上したくなる。

      有島武郎「片信」

    • ・・・これ実に新興文芸の第一声であって、天下の青年は翕然として文学の冒険に志ざした。

      内田魯庵「四十年前」