• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

すまい〔すまひ〕【相撲/角力】 の意味

  1. 《動詞「すま(争)う」の連用形から》
  1. すもう。また、すもうをとること。 秋》
    • 「当麻蹶速 (たいまのけはや) と野見宿禰 (のみのすくね) とに―とらしむ」〈垂仁紀〉
  1. 相撲 (すまい) の節 (せち) 」の略。
    • 「―のをり、内、春宮のおはしませば」〈大鏡・兼家〉
  1. 相撲取 (すまいと) り」「相撲人 (すまいびと) 」の略。
    • 「―の負けてゐる後ろ手」〈・一二五〉

すまい〔すまひ〕【相撲/角力】の慣用句

  1. すまいぐさ【相撲草】
  1. すまいとり【相撲取り】
    • すもうとり。すまいびと。すまい。
  1. すまいのせち【相撲の節】
    • 平安時代、毎年7月に宮中で、諸国から召し集められた相撲人(すまいびと)の相撲を天皇が観覧した行事。初めは7日、のち、大の月は28日・29日、小の月は27日・28日となった。2日前にけいこの内取りがあり、当日は召し合わせといって20番(のち17番)の取組があり、翌日、優秀な者を選んで行う抜き出、衛府の舎人(とねり)などによる追い相撲があった。場所は多く紫宸殿(ししんでん)南庭で行われた。すまいのせちえ。すもうのせち。すまい。 秋》
  1. すまいのせちえ【相撲の節会】
  1. すまいのつかい【相撲の使】
  1. すまいのつかさ【相撲司】
  1. すまいびと【相撲人】
    • すもうとり。
      「陸奥国に真髪の成村と云ふ老いの―ありけり」〈今昔・二三・二一〉
  • すまい〔すまひ〕【相撲/角力】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・そうしてとうとうしまいには、越中褌一つの主人が、赤い湯もじ一つの下女と相撲をとり始める所になった。

      芥川竜之介「将軍」

    • ・・・     一八 相撲 相撲もまた土地がらだけに大勢近所に住まっていた。

      芥川竜之介「追憶」

    • ・・・酔うといつでも大肌ぬぎになって、すわったままひとり角力を取って見せたものだったが、どうした癖か、唇を締めておいて、ぷっぷっと唾を霧のように吹き出すのには閉口した」 そんなことをおおげさに言いだして父は高笑いをした。

      有島武郎「親子」