• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

いち‐ぶん【一分】 の意味

  1. 一身の面目。一人前の人間としての名誉。体面。「一分がすたる」
  1. 10に分けたものの一つ。転じて、ごくわずかな部分。
    • 「衆生の中に―の仏性无 (な) き者有りと云ふ」〈今昔・四・二八〉
  1. 自分ひとり。一身。
    • 「三人もろともにしたる事をも、己れが―の手柄立てを言ひまはり」〈仮・可笑記・一〉
  1. 同じものとしてみること。同様。
    • 「我とは兄弟―に申しかはせしに」〈浮・一代男・二〉

いち‐ぶん【一分】の慣用句

  1. 一分が立つ
    • 一身の面目が保たれる。一分立つ。「リーダーとしての―・たない」
  1. 一分立つ
  1. 一分を捌く
    • 独力で自分の身の振り方を処理する。
      「皆賢く、その―・き兼ねつるは独りもなし」〈浮・永代蔵・二〉
  1. 一分を捨つ
    • 一身の面目を失う。
      「女の―・てたる事の悔しや」〈浮・禁短気・四〉
  • いち‐ぶん【一分】の例文

    出典:青空文庫

    • 一分低くなれば一分だけ、五分ひくめられればさらに五分だけ、自分の心にばかり聴える抗議の叫びの痛切さを愛し、その真実に・・・

      宮本百合子「現代の主題」